ロータリーとは

ロータリークラブとはどの様な団体?

ロータリークラブ(Rotary Club)は、国際的な社会奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーである単位クラブです。最初のクラブが例会場所を輪番(ローテーション)で提供しあったことから「ロータリー」の名がつきました。

ロータリーエンブレム職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的としています。
基本的には「I serve : 私は奉仕する」、クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされているが、個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行なわれています。

自分の職業を通じて世界の人々へ奉仕する奉仕クラブ組織と言えるでしょう。

4つのテスト"The Four-Way Test"

職業を通じて社会奉仕するロータリークラブメンバーには、有名な「4つのテスト」というものがあります。
ロータリーの理想の模範を端的に示した、クラブメンバーが守るべき行動規範です。

言行はこれにてらしてから "Of the things we think, say or do"

  1. 真実かどうか "Is it the TRUTH ?"
  2. みんなに公平か "Is it FAIR to all concerned ?"
  3. 好意と友情を深めるか "Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS ?"
  4. みんなのためになるかどうか "Will it be BENEFICIAL to all concerned ?"

ロータリーの基本理念

ロータリークラブの基本理念、それは以下の2つです。

「超我の奉仕」"Service Above Self"

「最も良く奉仕する者、最も多く報いられる。」"One profits most who serves best"

▲このページの先頭へ戻る

ホーム | 会長・各委員挨拶 | ロータリーとは | クラブ概要 | 活動計画 | 週報 | リンク集